恵比寿の賃貸

新築住宅に比べると比較的価格が安いことなどから、戸建志向の方から人気のある中古住宅。最近は立地条件のよい中古住宅を予算に余裕を持った金額で購入し、新築同様にリフォームしてから入居するという方も多く、「新築ではなく中古住宅が欲しい」と希望される方も多いのだとか。

 

そんな価格面などから人気の高い中古住宅ですが、新築より安いから、リフォームするから、というような安易な考えでカンタンに選ぶのは考えものです。恵比寿の場合、中古とはいえ土地の価格が高いので郊外の新築並みの値段は簡単に超えてしまいます。購入するのが中古住宅であっても、新築物件のときと同様に現在・将来の家族のライフスタイルを考えて物件を検討しなければなりません。まずは家族が新しい住まいに求める希望条件を考え、まとめる必要があります。

 

また中古住宅の場合は、現物を見て購入の是非を決められるというメリットがあります。このメリットを活かし、物件をしっかり確認するようにしましょう。建物の基本構造はしっかりしているか、新耐震基準で建てられているか、また敷地が都市計画上どのような制限の地域にあるのか、増築や改築の際の建築制限はないか、というような点について必ず確認しておかなければ、後のリフォームなどに大きく影響する場合があります。加えて、中古住宅には権利関係が複雑になっている物件も多々あります。抵当権の有無などを含めて、仲介している不動産会社に権利関係をよく調べてもらい、建物の登記内容を登記事項証明書で詳しく確認したほうが賢明です。

 

ほかにも中古住宅の選び方にはさまざまなポイントがありますが、まずは最低限、希望条件に適った物件であるか、躯体はしっかりしているか、耐震性と建築制限の問題はクリアできるか、権利関係は複雑になっていないかという点を確認した上で物件を選ぶようにしたいですね。